孫氏の兵法 解説

スポンサーリンク
兵勢篇

兵勢篇-その2-組織の連絡手段を整備しよう

スライド 原文 「闘衆如闘寡、形名是也」 書き下し文 衆を闘わすこと寡を闘わす如きは、形名、是れなり。 日本語訳 大軍を戦わせるにあたり、あたかも少数のようにスムーズに戦わせられるのは、命令を伝える手段が整っているからです。...
兵勢篇

兵勢篇-その1-組織化しよう

スライド 原文 「孫子曰、 凡治衆如治寡、 分數是也」 書き下し文 孫子曰く、 凡そ衆を 治めること 治寡を治めるが 如くするは、 分數是なり。 日本語訳 大軍を管理するに あたって、 あたかも少数のように スムーズに 管理...
作戦篇

作戦②短期間で終わらせよう

原文 其用戰也、 勝久則鈍兵挫鋭、 攻城則力屈、 久暴師則國用不足、 夫鈍兵挫鋭、 屈力殫貨、 則諸侯乘其弊而起、 雖有智者、 不能善其後矣、 書き下し文 其の戦いを用うるや、 ...
始計篇

始計篇-その十-何事も計算より始まる

原文 夫未戰而廟算勝者、得算多也。 未戰而廟算不勝者、得算少也。 多算勝、少算不勝、而況於無算乎。 吾以此觀之、勝負見矣。 書き下し文 夫れ未だ戦わずして廟算して勝つ者は、 算を得ること多ければなり。 未...
始計篇

始計篇-その九-不意をつこう

スライド 原文 攻其無備 出其不意 此兵家之勝 不可先傳也 書き下し文 その無備を攻め、 その不意に出ず。 これ兵家の勝ちにして、 先に伝うべからざるなり。 現代語訳 敵の備えていないところを攻め、 敵の思いの...
始計篇

始計篇-その8-自分が有利になるために-

原文 利而誘之 亂而取之 實而備之 強而避之 怒而撓之 卑而驕之 佚而勞之 親而離之 書き下し文 利してこれを誘う 乱してこれを取る 実にしてこれに備う 強にしてこれを避く 怒にしてこ...
始計篇

始計篇-その七-現状の反対のことを言おう

スライド 原文 兵者詭道也、故能而示之不能、用而示之不用、近而示之遠、遠而示之近、 書き下し文 兵は詭道なり。故に、能くして之に能くせざるを示す。用いて之に用いざるを示す。近きにして之に遠きを示す。遠きにして之に近きを示す。 ...
始計篇

始計篇-その六-世の中騙しあい??

スライド 原文 兵者詭道也 書き下し文 兵は詭道なり。 訳 戦争とは、敵を欺く行為である。 解説 要約すれば、 「戦争とは騙し合いだ!!(・∀・)」という話で...
作戦篇

作戦篇-その①-人を用いるにはお金がかかる

原文 孫子曰、凡用兵之法、 馳車千駟、革車千乘、 帶甲十萬、 千里饋糧、則内外之費、賓客之用、膠漆之材、 車甲之奉、日費千金、 然後十萬之師舉矣、 書き下し文 孫子曰く、凡そ兵を用うるの法は、馳車千駟、革車千乗、帯甲十万...
始計篇

始計篇-其の五-勝ちやすくするには?

スライド 原文 將聽吾計、用之必勝、留之、 將不聽吾計、用之必敗、去之、 計利以聽、乃爲之勢、以佐其外、勢者因利、而制權也、 書き下し文 将吾が計を聴くときは、これを用うれば必ず勝つ、これを留めん。 将吾が計を聴か...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました